顔の筋トレでほうれい線を消す

subpage01

豊かな表情を作る顔の筋肉、この筋肉が衰えてしまうことでほうれい線が出来てしまいます。
日本語という言語は英語などと違って顔をあまり動かさずに話すことが出来る言語です。



その為、日本語を話す時は表情に乏しく、顔の筋肉をあまり使わないので衰えやすくなります。
また、年齢を重ねることでも筋肉は衰えていきます。

しかし、筋肉は何歳になっても使っていくことで鍛えることが出来ます。

日頃使わない顔の筋肉を動かし筋力を上げていきましょう。
顔の筋トレを行って、筋肉量を増やすことでほうれい線を消すことが出来ます。
舌先で、唇の裏側を舐めるように回す右回り、左回りを5回ずつ行いましょう。

唇を尖らせ、右側に思いっきり寄せます。


15秒程キープします。反対の左側も同様に行いましょう。

口を開け、鼻の下を思いっきり伸ばすのを15秒程キープします。1日に朝昼晩と行うと良いでしょう。



これだけでも、ほうれい線が出来てしまった筋肉を使うことになり、ほうれい線を消すことが出来ます。



普段の食生活の中でも、柔らかい物を食べてばかりだと顎の筋力が衰えてしまいます、現代人の食生活を見てみると、柔らかくあまり噛まずに食べることが出来るような物ばかりです。

お米やパスタなどは少し固めに茹でるなど工夫をし、咀嚼回数を増やすこともほうれい線を消すとと同時に、つくらない為の予防になります。


1口50回が理想ですが、無理をせず、まずは30回から行っていきましょう。


顔の筋を鍛えて表現豊かな表情を作りたいですね。