ほうれい線を消す肌ケア

subpage01

ほうれい線が出来てしまう原因には、お肌の乾燥があります。

年齢とともに、肌は保湿力を失い、潤い不足になりがちです。

冬場は乾燥が激しい時期ですので、そういった乾いた空気がお肌に触れるとお肌の水分を奪ってしまいます。

最近では夏場でも室内ではエアコンが付けられていることが多く、お肌の乾燥を招いています。

乾燥にはやっぱり潤いを与えることが大切です。


出来てしまったほうれい線を消すのには、毎日のスキンケアの中でたっぷりと潤いを与えましょう。
まずは潤いが入るように肌の余計な汚れは洗顔フォームで洗い流します。



そしてたっぷりと化粧水を付けましょう。
シワに効く潤い成分がたっぷりと入った美容液を気になるほうれい線に塗ると更に潤いがアップします。

そして乾燥を防ぐためにも油分が含まれている乳液でコーティングします。

日中は紫外線によるお肌の乾燥を防ぐために、日焼け止めを使いましょう。夏場はもちろんですが、冬場でも日差しの強い日があります。



ファンデーションにもUVカットされる物がありますでの、ファンデーションでも紫外線対策が出来ます。



夜は基本の肌ケアにプラスして、栄養クリームをたっぷりと塗りこみましょう。

週に2、3回は潤いパックなどをして更に潤いを与えましょう。

1度出来てしまったほうれい線、消すのに時間が掛かりますが、根気よく続けていきましょう。

出来てしまったほうれい線をしっかりとケアを行って消すことが出来たら、今度はまた出来ないようにケアをしていきましょう。