ほうれい線を消す方法

subpage01

ほうれい線とは鼻の両脇から唇の両端に伸びる頬の境界線となる2本の線です。


加齢や乾燥、紫外線やコラーゲン不足などが原因で目立ちはじめ、老けた印象の顔になってしまいます。

できてしまったものをセルフケア完全に消すことは難しいですが、薄く目立たなくさせることができます。
まず、大切なのは原因となる習慣を見直すことです。


ほうれい線は上記した原因の影響で頬がたるむことで深くなっていきます。
長時間同じ向きで寝続け、枕に顔を押し付けていないでしょうか。



栄養バランスが片寄った食事をしていないでしょうか。

頬杖をついていないでしょうか。


食事の際片側噛みしていないでしょうか。

これらはすべてたるみを悪化させます。
日常生活の癖を見直すだけでもたるみの悪化予防になります。

できてしまったものに対しては保湿を十分にする、ビタミンやコラーゲンなど肌の土台となる成分を摂取することを意識すると効果的です。


さらにそこにマッサージや体操を取り入れるとさらに効果的です。


マッサージでは顔を持ち上げほうれい線を伸ばします。



体操では口を閉じたまま舌をぐるりと回す舌回しや意識して口を大きく動かすことで頬の筋肉を鍛え、深くくっきりできてしまった線を薄くすることができます。

完全に消すことを望むのであれば美容医療がおすすめです。

ヒアルロン酸やボツリヌス菌を注射することで深い線を消すことができます。



注射なので次第に効果は薄くなりますが、注射だけなので気軽に受けやすいです。