バナー

植毛後に起こりがちなトラブル

薄毛になっている部分の人工毛または自毛の植毛というのは、かなり以前から存在している技術であり、現在ではある程度安全に施術ができるようになっています。

ただし、やはり外科的な手法であることに変わりはないため、体質によっては手術後になんらかの身体的なトラブルが発生してしまう場合もあります。

植毛が最近こちらで話題になっています。

よくありがちなトラブルとしては、植毛の手術後に頭皮から出血があったり、痛みがあったりというものです。
植毛の手術そのものについては、麻酔を使用するために無痛で受けることができますが、頭皮に一時的なダメージを与えることは避けられないため、手術後しばらくしてから、傷口からの出血や痛みといった症状をともなうことがあるのです。

exciteニュースがさらに話題になりそうです。

これは通常のケガであっても、傷口がかさぶたでふさがり、やがて自然と治癒してしまうときにもみられるのと同様の現象ですので、トラブルとはいっても深刻なものではありません。
場合によっては鎮痛剤を処方されることがありますが、多くの人は鎮痛剤を使用しなくても、自然に治癒してしまうものです。
ただし、頭皮には皮脂などの栄養分があるため、さまざまな細菌や真菌がつきやすいという点には注意する必要があります。

がまんできないほどのフケやかゆみといった症状も細菌や真菌のしわざですが、こうしたものが傷口から体内に入り込んで感染してしまうと、頭皮が赤く腫れて炎症を起こしたり、膿が出たりといった症状になる場合があります。

その場合は、医師の診察を受けて、抗菌薬や抗真菌薬などを処方してもらうなどの適切な処置をとる必要があります。